2010年05月06日

中3男子2人がホームレス狙いテントに放火(スポーツ報知)

 「死んでもかまわない」―。兵庫・尼崎市南武庫之荘の河川敷に住むホームレスの男性(65)のテントに火を付け殺害しようとしたとして、兵庫県警尼崎北署は30日、別の事件で逮捕していた尼崎市に住む同市立中3年の男子生徒2人(ともに14歳)を殺人未遂の容疑で再逮捕した。少年らは以前から男性とトラブルが絶えず、殺意をもって犯行に及んだことを認めているという。

 少年2人の逮捕容疑は3月29日午前0時50分ごろ、同市の武庫川河川敷に住む無職男性のテントのシートに持っていたライターで火を付け、殺害しようとした疑い。同署の取り調べに対し「以前から男性とトラブルがあり、恨んでいた。死んでもかまわないと思った」と容疑を認めているという。男性は火災発生当時寝ていたが、すぐに気付いて消火し、無事だった。

 少年2人は以前、男性に向かって石を投げた際に投げ返されたり、喫煙をとがめられたりしたことがあり、恨みを募らせていたという。男性がテントの中にいるかどうかを確認するため、放火前にシートに向かって石を投げつけ人影が動くのを確認したあと犯行に及んでいた。

 同署では「(少年2人は)喫煙していたところを警察に通報されたと邪推して、通報するのはコイツ(男性)だけやと、いろんな憂さ晴らしもあってやったようだ」と動機について説明。同署の生活安全課は「2人が反省してくれていることを願っている」とした。

 2人は3月29日、同市内のマンションに侵入し、消火器を盗んだとする窃盗などの容疑で逮捕。その取り調べの中で今回の事件への関与を認め、この日の再逮捕となった。すでに窃盗や器物損壊などの非行事実で家裁送致され、現在は観護措置中だった。

 尼崎市教委の幾田喜憲学校教育担当課長は「あってはならないこと。人の命を軽んじることをしたことを重く受け止める」と話した。同署員はこの日、被害に遭ったホームレスの男性に犯人逮捕を知らせに行ったが、不在だったという。

 【関連記事】
兵庫県警 殺人未遂 器物損壊 を調べる

【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
<放置自転車>大阪・北新地にあふれる…ホステス通勤で駐輪(毎日新聞)
<鳩山首相>4日、沖縄訪問 住民と対話も(毎日新聞)
今度は尼崎の教会に消火器、室内に消火剤散乱(読売新聞)
小沢氏起訴相当 首相「参院選に影響ある」(産経新聞)
posted by クマキ マサハル at 11:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ヤリ始めて即日で7万ゲットォォォォ!!!!
http://imageoff.net/eken/cqhxp86/

ていうか俺、女にお任せしてティソポ出して寝てただけだぜ?www
ぶっちゃけ簡単すぎんだろこれ!wwwww
Posted by 俺の給料の半分が1日でwww at 2010年05月16日 05:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。